ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス(RAD)とは

 RADは英国のバレエ水準を向上させることを目的として1920年に創立されま
した。バレエ水準向上のためにはまずバレエ教師の指導法のレベルを高める必要
がありました。間違った指導により子どもたちの才能をつぶしてしまうことのな
いよう、正しい体の使い方を指導することができる技術を持った教師を育てるた
めにRADは誕生しました。
RADは「試験」という方法で生徒と教師の技術の進歩を測定できるようにしま
した。「試験」によって生徒は技術の理解とその習得度を、そしてその生徒を通
じて教師の指導方法が審査されるわけです。
子どもの試験(Graded Examinations)は9段階、さらに専門に勉強していく生徒
のための試験(Vocational Graded Examinations)は5段階に分かれ、生徒の身体
の成長に合わせて無理のないスピードで正しい技術が習得できるよう考案されて
います。
すべての試験はRADのロンドン本部より派遣される試験官により実施されます。
試験の結果と成績はRAD本部に記録され、合格者には認定証書が授与されます。
RADは1986年より「教師登録制度」を導入しました。生徒を受験させるためには
RADの発行する教師資格の取得が必要となり、これにより教師の指導水準が保た
れるようになりました。
現在RADの登録教師は数は6,000名、うち日本の登録教師数は140名、この教授
法は世界82ヶ国で取り入れられ、毎年約17万人以上の生徒が試験を受けています。
日本では毎年5月~6月に試験が行われています。